うつ病とは

一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといった精神症状とともに、 眠れない、食欲がない、疲れやすいなどの身体症状が現れ、日常生活に大きな支障が生じている場合、 うつ病の可能性があります。
うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスなどを背景に、脳がうまく働かなくなっている状態です。 また、うつ病になると、ものの見方や考え方が否定的になります。
日本では、100人に約6人が生涯のうちにうつ病を経験しているという調査結果があります。 また、女性の方が男性よりも1.6倍くらい多いことが知られています。 女性では、ライフステージに応じて、妊娠や出産、更年期と関連の深いうつ状態やうつ病などに注意が必要となります。
気分障害には、うつ病の他に、うつ病との鑑別が必要な双極性障害(躁うつ病)などがあります。 うつ病ではうつ状態だけがみられますが、双極性障害はうつ状態と躁状態(軽躁状態)を繰り返す病気です。 うつ病と双極性障害とでは治療法が大きく異なりますので専門家による判断が必要です。
うつ病かなと思ったら、自己判断をせずに、当院にご相談ください。 うつ病を克服するためには、早めに専門家に相談し、しっかりと休養をとることが大切です。

うつ病のサイン・症状

精神症状として現れるうつ病のサイン
  • 物事の捉え方が否定的になってしまう
  • 自分がダメな人間だと感じてしまう
  • イライラしたり、焦る気持ちになる
  • 「死んでしまいたいほどの辛い気持ち」が現れる
身体に現れるうつ病のサイン
  • 食欲がない
  • 性欲がない
  • 眠れない、過度に寝てしまう
  • 体がだるい、疲れやすい
  • 頭痛や肩こり
  • 動悸
  • 胃の不快感、便秘や下痢
  • めまい
  • 口が渇く
周囲の人にもわかるうつ病のサイン
  • 表情が暗い
  • 自分を責めてばかりいる
  • 涙もろくなった
  • 反応が遅い
  • 落ち着かない
  • 飲酒量が増える
(参照:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」)

お問い合わせ

医療相談室直通・・・・・042-391-3045

月~土 9:00~17:00 (年末年始・日曜日・祝日は除く)

つながりにくい場合・・・・042-391-3035(代表)